去年から気になっていたフクロウの絵をやっと描きました

去年から気になっていたフクロウの絵をやっと描きました

去年から描きたいな~と思っていた物の絵を、ここ2日でやっと描けました。部屋の壁に掛かっている布製のフクロウの飾りものです。小さな物なのですが、なぜか去年から気になっていました。他にもたくさんの物があるのに、なぜこの2つかなのか?は分かりません。

絵と言っても、ハガキサイズの紙に色鉛筆で描くので、それほど大変な作業ではないのです。それなのに、あっという間に一年経ってしまいました。フクロウはモビール状になって小さな毬と一緒に壁に掛かっていました。まず、それを”よっこらしょ”と外します。毬と繋がっているのでやや不安定ですが、食卓に置いてやっと描く態勢になりました。

しかし、フクロウの色は薄い茶と緑と黒。クチバシはオレンジですが、なんだか色的に寂しい感じでした。どうしようか…と考え、棚に置いていた京都の匂い袋に目が行きました。華やかな桃色をしたのと、紺地に桜の柄のものと2つ。これらをフクロウと並べてみたら、どちらも布製でいい感じになったので、やっと描き始めました。

鉛筆でする下描きは簡単でした。フクロウは丸っこいし、匂い袋はシンプルな巾着ですから。フクロウの採色も、7割方は簡単に塗れました。困ったのは、体の緑の部分です。パッチワークのような作りなので、体の一部が模様入りの生地で出来ていました。

緑の中に黄色で葉っぱや花があるんです。ここだけは、後で上からアクリル絵具で塗ることにしました。それから、匂い袋。ササっとマットに塗って仕上げようと思ったら、生地の色がグラデーションになっています。それはそうですよね。ちりめん生地は、着物のような配色で独特の光沢もありますからね。

そして、白い雲の模様かと思っていた物はうさぎでした。耳は薄紫色です。その周囲には金色の細い線が入っていたりして…。もう一つの紺地の匂い袋も、同じく紺から空色のグラデーション!もう、この2つの匂い袋でフクロウよりもかなり時間がかかりました。

最後は、アクリル絵具でフクロウの緑の生地部分の細かな模様を描きました。気になっていた物がやっと絵に出来て、すごくホッとしました。絵にするのは大変ですが、私は物をじっくり見る大事な時間を求めているのだと思いました。

夏子

コメントは受け付けていません。